ぼっち独白

ぼっちでコミュ力皆無な大学生のブログ

ガイダンス

研究室のガイダンスがあった。英語の教科書の輪講などいろいろ忙しそうだ。ついていけるか心配でならない。

 

ガイダンス前に部屋で教授が来るのを、新しく研究室に配属されるメンバーだけで待っていた。新しく配属される学生は自分を含めて4人いて、みんなほぼ初対面のような感じだったがなぜか僕以外の3人で話は盛り上がっていた。条件はみなほぼ同じはずなのに僕だけなじめないのは不思議だなあと思いながら話を聞いていた。

教授が来てそれぞれ自己紹介した後、教授の話を聞いて、最後に輪講をする際に前に出て発表する人の順番を教授が決めたが、僕だけ名前を間違えられた。

やっぱり僕はそういう星のもとに生まれたということなのだろうか。